夏は帰省

先日、お盆休みを頂きました。
主人の実家がある香川への帰省です。

義理の姉家族と一緒に皆で更に旅行に行くのですが、今回は高知県に行って来ました!
梶ヶ森という棚田が有名な場所です。
どんなに田舎でも、日本はどこも都会的になっているなぁ。。と思う中で、こんな風景が残っていると、守ってほしいなぁ。と感じます。それがまさに大変なんですがね。上京した私は何のお手伝いもできないのですが... 
これだけの渓谷になっていると、道路の脇も絶壁。一通ではないので、前から車が来れば隣は絶壁なのにバックで譲り合う(それは、他県ナンバーを掲げて現地の方にやってもらいます(ーー;))
泊まったのは山荘。更に上です(。>д<)
満点の星が見える場所なのですが、台風と共に上陸した私達は、月以外何も見えない状態でしたので、そこは残念でした。

 



まぁ、上りのあのワナワナした感情とは裏腹に、下り道の気持ちの軽さには驚きました(感情って正直)
高知では5歳の娘が初めてのラフティングをし、度肝を抜かれる根性に驚き、香川に戻っていきました。


香川は何度か来ていますが、コンビニより多いうどん屋さんのうどん県です♪

うどんづくしの日々を過ごすなんて、彼と結婚しない限り経験できなかったと思います(笑)
でも、うどんって食べてみると奥が深く...たかだか練った小麦粉(-_-)...ガムの手前のグルテンの塊(昔美味しんぼで見た衝撃)
※うどん愛が強い方々、大変申し訳ございません。。

それぞれのお店でうどんのコシも太さも全然違っていて、毎昼食(1日3食はさすがにナシ?)は全く飽きないんです♪皆、お気に入りのうどんだけでなくスープやトッピングのお気に入りのお店があるようです!

知れば知るほど面白い四国!
四万十川や清流、坂本龍馬や、うどんは空海が伝えたとか。悟りの境地(?)お遍路さん。高円寺(全国)でも人気の阿波おどり。
こんなに歴史が残っていて楽しいなんて、人の原点を知れる場所なのかも。。。と考えてしまえるような、そんな魅力がある場所です。

まだまだ知りたい深ーーい場所です!4県しかないけれど、4県を知るには一生では足りないのかもな。。。